キャッシュレス+電気錠オープン → EV充電器の課金システムへ

ネット予約システムで予約番号を取得して、タブレット操作で支払い、支払い後、電気錠を開ける仕組みです。

これで、キャッシュレスで、EV充電器のスイッチを一定時間ONにします。EV充電器のシェアに使えます。