掃除の効果

月曜日は、事務所の掃除を少し早く出社して有志でやってます。私含め10人ぐらいでしょうか。 強制ではなく、給料の査定も関係ありません。ただのボランティアです。


しかし、掃除には、不思議の効果がある。

まずは、大谷翔平の例


地元紙『Orange County』のエンジェルス番であるジェフ・フレッチャー記者は、「昨日シェアし忘れたこと。オオタニはイニング間にゴミをゴミ箱に捨てていた。なんて良い人間なんだ」というファンのツイートに反応。大谷の人間性がいかに優れているかを次のように強調した。


私の20年も前のはなしですが、ダスキンさん 大阪の江坂が本社 本社のビルの前に、豊津公園がある。

毎週か毎日かわすれましたが、社員のかたが掃除してました。今もやってるのかなー?


ほかにも知り合いの社長さんが寝屋川市の170号線沿いを自分の店舗の前以外もひろく掃除しつづけたところ、周りの会社も協力するようになって、その方は、1年後に寝屋川市から表彰されてました。


上の3者は成功してる。


営業力とか技術力とか戦略とかより、人のために動ける人が信用される。信用されてなんぼ。

人のために動ける代名詞が、掃除やゴミ拾いってことになります。


ゴミを拾う=運をひろう まちがいないな。