top of page

私たちの仕事は、
お客様を知ることから始まります。

ABOUT US

当社のシステム開発チームは、お客様の視点に立ち、
ニーズに応えるサービスを提供しています。
下請けではなく「パートナー」として、積極的に意見を交換し、課題に取り組みます。

20年にわたり蓄積されたノウハウを活かし、
最適なソリューリョンを提供します。

制作事例

下記は当社で作成したシステムの制作実績です。

画像をクリックしていただくと専用ページに遷移します。

見積、受注、発注から入出庫管理、在庫管理、売上管理、入金管理、経営分析まで業務で必要な処理を1つのデータベースで一元管理。

社内受発注システムから受注になった案件を自動で取込。
集合住宅のリニューアル工事に関わる営業担当、施工担当、日程調整サービスなどの全てを繋ぐ情報共有データシステム。

集合住宅設備リニューアル工事向けの販売管理システム。
仕入れから在庫管理までを一元管理。

会計ソフト等の他のシステムともシームレスな連携も実現。

お客様の声

株式会社イオ

営業課 課長 後藤 貴昭様

インターホン設備のリニューアル工事を中心に営業から施工管理までを手掛ける敏腕課長。部下から慕われることはもとより、斬新な考え方、スピーディーな決断力で、社内外から期待を集める若きリーダー。ネスぺに依頼したシステムについてお話を伺いました。

Q. ネスペに販売管理システムを任せようと思ったきっかけは何ですか。

普段からマンションの日程調整サービスを利用しており、我々の業務に精通していることは想像していました。


ネスぺの担当者からシステム開発を行っていると聞き、親身になってくれる姿勢から、信頼できると感じ、任せることにしました。
当初は、オーダーメイドで一から作りあげると聞いて、時間やコストがだいぶんかかるのではと思っていました。
ところが1か月後には、試作品をみせてもらったんです。試作品は幾分イメージと違うものだったのですが、逆に、この時点つまり、契約する前にイメージがだいたい掴めていたのは、安心でしたね。

Q. どのようなシステムか簡単に教えてください。

webシステムで、見積→受注→請求受注→発注請求→会計連動経営分析 ざっとこんな感じでしょうか。


各営業担当者、社⾧、経理担当者がそれぞれブラウザで利用できます。

データは一元管理されていて、いつでも誰でも検索や見積書、請求書などのダウンロードができます。


以前使っていたロータスや、Excelファイルでの管理では難しかったところですね。


ネスぺさんへの(日程調整サービスの)依頼も連携ボタンで一発でできるのもありがたい。

Q. システムを作ってよかったことは何ですか。

以前は、見積書に商品の写真を手で張り付けていましたが、このシステムでは商品を選ぶだけで、見積書の所定の場所に写真が自動で張り付きます。見積、請求、案件管理の転記作業が完全になくなりました。

また会計ソフトにも手入力していましたが、システム連携できるため入力する必要がなくなりました。


保証書発行依頼書(メーカー宛)、送付状なども自動で作成されます。


株式会社ヒロ・エンジニアリング

専務 境 謙児様

千葉に本社を構え、集合住宅におけるインターホンや消防設備のリニューアル工事を手掛ける。 謙虚で気さくな人柄から業界の中でも人脈が広く、チャレンジ精神に富む専務の境様に ネスぺに依頼した社内システムの開発についてお話しを伺いました。

Q. ネスペに依頼した経緯を教えてください。

2022年からネスペさんの日程調整サービスを利用し始めました。
かゆいところに手が届く対応、便利な現場用アプリなどの一連のサービスのおかげで業務が非常に楽になりましたね。
ネスペさんの、細やかに気をきかせてくれる姿勢を実感していたため、社内の案件管理システムをなんとかしたいと考えている旨を相談。それが始まりでした。ここから実運用開始まで概ね4か月でした。

Q. どのように作成が進んでいきましたか?

まず初めは、現在の業務で使っているツール、不便な点や欲しい機能について、実際に現地に来てヒアリングをしてくれました。こちらの要望をしっかりと汲み取り、途中途中でレビューを行いながら開発を進めてくれたため、自分たちの業務にあった、使いやすくて無駄のないシステムが出来上がったと思っています。
また、やはり私たちの業務内容をよく理解してくれているという点はかなり大きかったですね。

Q. システムを作ってよかったことは何ですか。

今回のシステムは案件の進捗管理、見積・請求機能、更にスケジュール管理と日報機能が備わっており、出先でもスマホから使えることで案件の管理漏れも防げます。日報のWEB化は社員たちにも評判。社員管理はもちろん、経営分析の面でも活用でき、大きな改革になったと思います。将来的には在庫管理の機能も持たせたいなと考えています。

bottom of page