​お客様の声

インタビュー仮素材3.PNG
アイホン株式会社 
営業技術部 課長 
近藤 太様

同社のインターホンのリニューアルビジネスに携わって15年以上。

施工方法から営業方法、トラブルシューティングまであらゆる場面を的確にこなし、本ビジネス拡大の原動力として活躍し続けている。ネスぺサービスをアイホン社内に推進し、劇的な業務効率化を実現させた第一人者。

年々伸びるマンションリニューアル工事の間接業務をまるごと委託!

ー ネスぺをどのように使っていますか? ー

ネスペの「受付代行サービス」を社内に推進してから10年以上は経ちます。マンションなどの全住戸を対象とする業務のため、住戸ごとの対応を効率化することは大きな課題でした。利用開始からの10年、当社では日程調整業務自体をまったくやっていません。マンションのリニューアル工事に伴う間接業務をまるごと委託することができ、今ではなくてはならないパートナーとなっています。

また、アプリやシステムも要望すればいち早く対応してくれるうえ、次の物件にも反映されているので効率的。とにかく素早い行動とかゆいところまで手の届くサービスを提供してくれています。とくに、「工事写真アプリ」は電子看板が自動ではりつくシステムになっているので、看板の書き間違えがなくなりました。工事の進捗を撮影した写真も撮影後ただちに確認できるので、工事品質の管理に役立っています。これも一度使うとやめられません。

ー ネスペのサービスで役に立っている点は? ー

当社専用の物件管理システム「リニューアル支援システム」を構築してもらいました。詳しくは社内秘ですが、こちらの細かな要望に沿ったシステムとなり、手間のかかる作業を自動化することができました。このシステムを経由し、アイホンと施工業者、ネスペの間で受付情報や作成資料を共有しています。外部組織もからんでいるので業務効率化を数値的に示すのは難しいですが、かなり効率化をはかることができました。
具体的な例を紹介しますと、この専用物件管理システムと社内システムの連携により、工事手配やネスペへの依頼が半自動化され、手配漏れなどの課題が解消しました。それまで頻繁に発生していた受注後の工事手配漏れの問題が改善し、営業担当が本来の見積作成や現場調査に集中できるようになったことは大きな効果です。

ー 今後に期待することはりますか? ー

ネスペのサービスにより、工事が完了した案件の写真データや工事完了情報が管理されているので、蓄積したデータを次のリニューアルに役立てたいと考えています。今後の営業戦略に活用していくためのサポートもよろしくお願いします。