​お客様の声

光陽通信山田様_単独ページ.jpg
プランニング営業部 部長
山田  知行様

集合住宅のインターホンリニューアル工事の現場を取り仕切り、多いときで10物件も同時にまわす。
その人柄からお客様、施工担当、協力業者などみんなに気に入られる人気ぶり。
さらに技術的に難しい工事もやり切る技術力、タイトな工期を抜群の調整力で首尾よく完了させる遂行力は、
だれの目にも頼もしく映り、部下や協力会社の信頼も厚い。
不動のリーダーとして今後も活躍が期待される。

休日、施工中の電話のストレスからの解放

作業員、事務員、住人さまのオールハッピー!

ー ネスぺをどのように使っていますか? ー

以前は、営業担当が手作業で住人様への配布資料をつくり、ポスティングを行っていました。 
エントランスに、ポストを設置し、工事の1週間前に回収する。回収して会社に帰ったとたんに、
管理員さんから 電話があり、「アンケートがまた来たよ。どうしたらいいかなー」と連絡がある。
このやり取りも1度や2度ではないんです。 その後、第1希望、第2希望で振り分けながら、エクセルに工事計画を組む。
この一連の流れ、自分たちでやろうとするとかなりの手間がかかるんですよね。

ネスぺさんを使うことでこの業務から解放され、それまで1月3物件しかできなかったところが、
見積や 現場調査に集中でき、5、6物件処理できるようになりました。 
また、以前は住人さんからの問合せ先として、職長の携帯電話番号をお知らせしてたため、
施工中や夜間、休日と関係なく電話があり、ストレスを感じていました。
今は、かかってくるのはネスぺのコールセンターからの急な連絡のみとなり、作業に集中できるようになりました。
工事写真アプリは、作業員レベルで簡単に報告書を作ることができるようになり、
事務員はその時間で請求書作成などほかの業務ができるようになりました。
それまでは、写真を撮る、撮った写真を1枚づつエクセルファイルに貼り付ける作業を事務員がやっていましたので
社内の業務効率が格段にアップしたと感じます。

ー 今後に期待することはありますか? ー

最近は受発注の管理なども相談にのってもらい、システム全般について良きアドバイザーになってくれます。
その点で、日報などのデジタル化を推進しようと考えていますので、引き続き支援いただきたいと考えています。